会社沿革 |中藏

京都の工務店 株式会社中蔵space70.gif事業紹介事業紹介企業情報企業情報アクセスアクセスお知らせお知らせ採用情報採用情報お問合せ・資料請求お問合せ・資料請求

企業情報 会社沿革

会社沿革

明治43年 4月 左官 屋号「末」にて個人創業
昭和41年 7月 屋号を中藏工業に変更
昭和60年 2月 法人に改組し株式会社中央工務店を設立
平成 3年 8月 商号を株式会社中藏に変更

法被にこめた思い

この紺木綿の法被(はっぴ)は、初代中藏鈴之助親方が当時の親方より授けられたもので、襟には家名である「中藏」と家柄を表す「工」の字が、また背中には左官業を意味する「左」と屋号の「末」という字を形取り、染め抜いてあります。
法被をまとうことは、仕事の全ての責任を負うということを意味してます。中藏では節目の行事において、この法被をまとうようにしております。長い年月のお付き合いをさせていただく建築に携わる者として、伝統を大切にし、初代の精神を忘れず、引き継いだ者もその重責を肌で感じる必要があるからです。

法被
happi2.jpg

会社概要会社概要
経営理念経営理念
会社沿革会社沿革
所在地・地図所在地・地図
代表挨拶代表挨拶
社会貢献活動社会貢献活動
採用情報採用情報